論文

なぜ公衆トイレの便座はU字型なのですか?


トップリーダーボード制限'>

公衆トイレと家のトイレには違いがあります。それはにおいではなく、座席の形が違います。ほぼすべての公衆トイレには、文字の形をしたオープンフロント便座と呼ばれるものがあります。あなたはそして前に開口部があります。対照的に、ほとんどの専用バスルームには、トイレの周りを包み込む楕円形または円形の便座があります。なぜギャップ?

米国のほとんどの公的機関が採用している水道法により、2 股の前開きシートが必要です。 、」カリフォルニア州の配管コードが [PDF] を読んでいるように。この要件は、1955 年に米国標準全国配管法に初めて盛り込まれ、1973 年に統一配管法に組み込まれました。

これは主に衛生の問題です。荷物の種類に関係なく、U 字型のシートは、性器がシートに触れるのを避けるための少しの呼吸空間を提供し、尿が飛び散る場所を 1 つ減らします。

IAPMO のコード開発担当シニア バイス プレジデントである Lynne Simnick 氏によると、前部が開いたトイレの便座は主に女性が拭き取りやすいように設計されています。開口部は、「女性がトイレの使用後に、シートに触れずに会陰部を拭けるように」設計されています。ですから、基本的にオープントイレの便座はフロントワイパー用に設計されています。 (明らかに、問題の女性は、UTIを予防する方法について講義を受けていません.)

U 字型シートは、使用する材料が少ないため、価格も安いです。また、公衆トイレの設計と管理を行う英国に拠点を置くヘルスマティック社のマネージング ディレクターであるロジャー バリー氏によると、盗まれる可能性も低くなります。なぜ公衆トイレの便座を盗もうとするのか疑問ですが、彼は盗難が大きな問題であると言います。 「U字型の座席の出現は、英国では弱まりつつあります」と彼は報告しています。その主な理由は、公衆トイレには、盗みと戦うための便座がまったく設置されていないためです。

確かに、公衆トイレに便座があるのはありがたいことです。