論文

消防車と消防車の違いは何ですか?

トップリーダーボード制限'>

大きな赤い車がサイレンを鳴らし、警笛を鳴らし、報告された火災の場所に向かって速度を上げます。道路上の他の車が邪魔にならないように車を寄せているので、赤い車は消防車なのか消防車なのか疑問に思うかもしれません。ほとんどの人はこの用語を同じ意味で使用していますが、消防車は実際には消防車とは異なります。

消防車は通常、大規模な火災の現場に到着する最初の車両です。これは、消防士が水と化学難燃剤で炎と戦うのに役立ちます。消防車には通常、ポンプ、水タンク、数百から数千フィートの強力なホースがあります。水タンクには数百ガロンの水が含まれており、消火栓 (または他の外部水源) に接続できるようになるまで、消防士の H2O 源として機能します。消防車には、ホースに必要なノズルやその他のツールも搭載されています。

セックス・アンド・ザ・シティのトリビアの事実

一方、消防車は、消防士とその装備 (はしご、救助用具、電動工具) を消防署から消防署まで輸送する車両です。消防車は、水を運ぶのではなく、地面や空中はしごなどの道具を運ぶ補助車両です。これらのはしごのいくつかは、車両をベースとしてトラックから上方に伸びています。消防車の中にははしごを運ぶものもありますが、消防士のはしごのほとんどはトラックに搭載されています。

学校の写真を上手に見せる方法

状況に応じて、消防車で到着した消防士は、直接火炎と戦うことよりも、屋根の換気、火の動きの監視、犠牲者の救助などの補助的な作業に集中します。火災は非常に予測できないため、消防車には、火災が急速に広がったり、爆発が発生したり、倒壊した建物に人が閉じ込められたりした場合に、消防士が使用できる十分な緊急装備が搭載されています。チェーンソー、扇風機、予備の保護具、呼吸用マスク、強力な照明はすべて、消防士の仕事に役立ちます。トラックの消防士は、消防車の同僚と協力して、効率的に火を消し、人命の損失を防ぎます。

そのため、次に消防車が緊急事態に向かうのを見つけたときは、消防車と消防車のどちらのタイプの車両を見ているかをよりよく理解できると思います。