論文

第一次世界大戦直後のアメリカ軍についてドイツ人が言ったこと

top-leaderboard-limit '>

1919年、米国は、アメリカ軍に対するドイツの態度と、戦争中およびその後の占領中の彼らの行動に関する報告書をまとめました。 「1917年から1918年のアメリカ兵に関する率直なコメントとドイツ人による親切なトピック」というタイトルの文書には、敗北した国の戦後の態度に関する洞察を含む尋問とインタビューの記録、および市民からの傍受された手紙が含まれていました。以下は、そのレポートからのいくつかのハイライトと抜粋です。これらは、ここで完全に読むことができます。

戦闘中のアメリカ兵の性格と能力について

1.1。 「私はロシア軍、セルビア軍、ルーマニア軍、イギリス軍、フランス軍、アメリカ軍とのキャンペーンで戦いました。この戦争で私は80回以上の戦闘に参加したと言われています。私はあなたのアメリカ軍が私たちのすべての敵の中で最も名誉あることを発見しました。あなたは私たちの敵の中で最も勇敢であり、実際、今年の戦いで私たちを真剣に攻撃したのはあなただけです。ですから、私はあなたに敬意を表します。そして、戦争が終わった今、私はあなたを友人として受け入れる準備ができています。」

—第3ドイツ軍司令官v。アイネム参謀長

二。 「アメリカ人は神経質で無謀な優れた戦闘機です。」

—Arunlf Oster、Lieut。リザーブの

3.3。 「私たちが戦争に入る前のドイツでの一般的な意見は、アメリカ人はお金を探す国であり、ドルの狩りに夢中になりすぎて強力な軍事力を生み出すことができなかったというものでした。しかし、私たちの軍隊が活動しているので意見が変わり、ドイツは現在敗北した国ですが、米国を除いて世界のどの国とも戦争で勝利するだろうと彼は言います。 」



—ボリンゲンのカール・フィンクル

四。 「そこにはほんの一握りのアメリカ人しかいませんでしたが、彼らは野生人のように戦いました。」

—マイショスのAntone Fuhrmann

5.5。 「[私は]他の兵士から、アメリカの歩兵は愚かさの点で無謀だと言われていました。」

—デルナウの店主、ピーター・バートラム

6.6。 「アメリカの砲撃の精度は…かなり改善された可能性があります。」

—セルターズのカール・ディール

捕虜としてのアメリカ人について

7。 「アメリカ人は悪い囚人と呼ばれるかもしれないものでした。 14人のグループが1日で連れてこられ、彼らのユニットについて尋ねられたとき、話すことを拒否しました。彼らは働くことを拒否し、警官に話しかけました。警官の迷惑と男性の隠された喜びに大いに感謝しました。」

—ポールハインマン

8.8。 「食べ物が悪かったとき、アメリカ人は主な不満を言っていました。それはいつもそうでした。」

—ピエトロデパリ

アメリカ人の下での捕虜であることについて

9.9。 「アメリカの管轄下にある捕虜は、良い治療についての熱烈な報告を家に送り続けています。彼らが自宅にいるよりも現在の状態に満足していることは明らかです。」

—郵便検閲、1919年4月12日

アメリカ軍のサルトリアルチャームについて

10.10。 「[アメリカ人]将校は身なりがよくない…。ドイツ軍のすべての将校は、現役の野外活動中であっても、1つ以上のトランクを持っており、制服を入手する目的で時々立ち去ることが許可されている。」

—RechのMichael Hoffman

十一。 「アメリカ軍は、私が今まで見たことがないほど、個々の物理的な標本のコレクションとして素晴らしいように思えます。しかし、軍事規律の観点からは、それは暴徒であり、純粋で単純です。男性はだらしなく見え、警官は外見上男性から目立たないように見えます、そして彼らはどんなヨーロッパの軍隊でもそうします。」

幸運をもたらす迷信

-博士Otto Schranzkmuller、元プロシア市当局者

アメリカの将校とその部下との関係について

12.12。 「(アメリカの)軍隊はドイツ兵の素早い正確さを欠いているが…将校と男性の間の心のこもった関係は鉄の規律の欠如を補う以上のものである。」

—デルナウの郵便代理店、Anton Liersch

13.13。 「入隊した男性に対するアメリカの将校の態度は、将校が常に彼らの男性を牛として扱ってきた私たちの軍隊とは非常に異なっています。」

-M。ミンダーリトゲンのウォルター

良い占領者であるアメリカ人について

14.14。 「あなたの部下は荒っぽくなりがちで、私たちの前には非常に深刻な時間があったという印象が残りました…しかし今日、彼らと24時間暮らした後、私たちはもはや不安を感じなくなりました。彼らは素晴らしく穏やかな態度の男性であり、私たち自身の兵士の横暴な態度とは非常に対照的です。あなたの軍隊は、誰にも嫌な言葉を1つも話しませんでした。私たちが料理や暖房の目的で木材を提供したとき、彼らはある種の恥ずかしがり屋のように思われることを受け入れました。」

—Kaschenbacm市長の声明

15。 「子供たちは常にアメリカ人の到着について話し、彼らを野生のインディアンの一団として描いていましたが、彼らが軍隊に到着したとき、私たちは彼らの行動と私たちの人々に対する気持ちの良い態度に驚いていました。」

-ノイアーブルクのマイケル・サイモン

16.16。 「ボルシェビズムはゆっくりと世界中に広がっています。私は数日前にフランス人と話をしました。彼はフランスで働く男性は1日あたり25フランを要求すると述べました。アメリカ軍が私たちの町を占領していることを嬉しく思います。さもなければ、多くの大都市と同じ問題を抱えることになります。」

—コブレンツからの手紙の翻訳

17.17。 「アメリカ軍は、ドイツ軍よりも村の住民の私的権利に対してはるかに多くの配慮を示しています。」

—ツァーミュレンのLandstrumer、Karl Schramem

18.18。 「アメリカ人は、彼らがここを通過したときの行動があまり良くなかった私たち自身の軍隊の模範として非常によく役立つことができます。」

-M。キルブルクのエラスムス

19。 「ここの人々はイギリス人よりもフランス人を嫌っています。彼らは占領軍としてアメリカ人を大いに好む。アメリカ人が到着して以来、ドイツ人は彼らを好きになることを学びました。」

—BiederBreisigのKarlFelder

悪い占領者であるアメリカ人について

20。 「庭や敷地が汚れていたために罰金を科されたアイヒの市民は、彼らの裁判は不公正であり、罰金は多すぎると主張しています。そのうちの一人は、アメリカ兵が彼の庭の状態に部分的に責任があると言います。」

なぜ hit test test丸を叩くと痛いのですか?

-我ら。陸軍報告書、1919年4月17日、トリーア

21。 「若い女の子たちは、アメリカ人がすべての公共の建物を要求したことで、どんな種類のレクリエーションも不可能になっていると不満を漏らしています。彼らは私たちのダンスの独占を恨みます。

—第3米軍からの毎週の履歴書、1919年2月3日

22。 「特に小さな町からの苦情は、アメリカ人を不道徳と酔っぱらいで非難します。」

—第3米軍からの毎週の履歴書、1919年2月3日

2.3。 「12〜60歳のすべての男性は、占領軍にベッドをあきらめなければなりません。 12歳未満の子供は確かにベッドの主張を持っていませんでした。私たちは床で寝ることになっています。」

—Ehrenbreitsteinからの手紙

24。 「私たちのアメリカ人はとても良いです。しかし、将校と将軍は悪党を誇っています…私たちの家では、10人の男性と2人の将校が4分の1になっています。彼らはドアを激しく閉めるので、建物全体が揺れます。」

—ミア・クラウセンからの手紙

25。 「昨日の前日から、ここでも労働者の間で危機がありました。彼らは皆、攻撃したいと思っています。しかし、それはひどく高い食料価格のせいです。アメリカ人は私たちを少し食べて法外な値段を払っています…道路はすべて軍の自動車から荒廃していて、人々は狂った運転手によって毎日殺されています。発電所は過負荷であり、住民は微弱な電流を流しているため、HerrAmericansはすべてのトイレで3つのランプを燃やすことができます。」

—ノイヴィートのハンス・ロールからの手紙から

貪欲で発疹の消費者としてのアメリカ人

26。 「[私は]ブロールにある店で、とりわけキャンディーやクッキーがアメリカ兵に売られています…[私は]アメリカ兵が私が求めなければならない代金を支払うのに対して、市民はそうしないので、利益を上げることができます。 」

—ステンゼル氏

27。 「彼らはたくさんのお金を持っていて、愚かに購入します。私たちの占領の直前に人々とドイツ兵に25から30マークで売られた記事は、今ではアメリカ人によって80から100マークで購入されています…非常に多くの記事が、アメリカの土産物ハンターのために、そしてほとんどすべてで特別に作られています。これらは安価な模造品でできている場合があります。」

—ケルンのフリッツ・ウルマン

28。 「アメリカの規律は素晴らしいですが、お土産への渇望は高まっているようです。」

—ドイツのトリーブからの毎日の手紙

29。 「「神は我らと共に」のベルトバックルとドイツの鉄十字に対するアメリカの兵士が、カイザーがこれまでに彼の主題に与えたよりも多くの鉄十字をアメリカの兵士に売った場合、[私は]一般的な欲求を理解できません。」

—ノイエナールのノベルティショップオーナー、フィアナレファッペン

アメリカ軍とドイツ人女性との関係

30。 「現在、ここで素晴らしい活動をしています。広い航空分野があります。人口の10人に7人はアメリカ人です。女の子の多くは彼らに深く恋をしています。次のように、新しい曲がすでに作成されています。

それはどこに書かれていますか?
あなたはドイツ人だけを愛すべきですか?
あなたもアメリカが大好きです。

翻訳:—「どこに書かれているのか、ドイツ人だけが一番好きなのか?アメリカも愛することができます。」

—H。MoerenSinzigからの手紙

31。 「多くのドイツ人の女の子がアメリカ人と一緒に回っています。私はそれを理解できません。アメリカ人が私に話しかけたら、私は彼に答える準備ができています。」

—コブレンツ-ロイツェルのラニ・シュスターからの手紙

32。 「女の子のせいですが、紳士的な敵は明らかに前向きな人々であることを忘れてはなりません。限界を超えて新鮮です。」

—GertrudeBisseldtからの手紙

33。 「私たちの若い女の子の多くは、A -----が[不明確]であるため、彼らの何人かを信じるのがほとんど難しいので、うまくいかなかった。マーサ・ストロッターはA -----に従事しています。彼女は頭がおかしいのではないですか?」

—グレンツハウゼンのP.スタニエからの手紙

3.4。 「彼らは子供のようで、一日中遊んだり食べたりすることだけに喜びを感じます…もちろん他の人と同じように例外はありますが、これらの男性の何人かははるか下にいるので、類人猿からの起源は彼らの顔にはっきりと見えた。彼らがこの手紙を読んだときに検閲官がどのように絶賛するか、しかし私は真実を書いているだけです。彼らが女の子を追いかけているとき、彼らは最もワイルドです。しかし、彼らが「まともな」と「普通の女の子」の違いをすぐに認識できることを神に感謝します」

—ノイヴィートのホテコエッターからの手紙の翻訳。レポートでは、これは「BAITINGTHECENSOR」という見出しの下にあります。

35。 「KatchenSchroderは、兵士に---------と言ったため、月曜日から火曜日まで刑務所に入れられました。もう一人の女の子は、白昼に無礼にスパンキングされました、そして、彼女も23歳です。そして、何ができるでしょうか?しかし、それは彼らに正しく役立ちます。なぜ彼らは兵士たちを放っておかないのですか?」

—ヴェルシュタインのフラウ・レムカからの手紙

戦争に参加するためのアメリカの動機について

36。 「[私は]アメリカの兵士は個人的には好きですが、国全体は好きではありません…アメリカは彼女がそれから得ることができるお金のために戦争に参加しました。」

—ローンドルフのフリーダフィッシャー夫人

37。 「ドイツの将校は、アメリカ人は世界を見るために、そして冒険のためだけにここに来たと言いました。」

-夫人。エヒタナハの店主、アントン・バーシュ

38。 「あなたのアメリカ人は戦争の真の心と魂ではありませんよね?フランス人は私たちがアルザスとレレーヌを連れて行ったので私たちを嫌っています、しかしあなたはイギリスとフランスがあなたが彼らに貸したお金をあなたに支払うことができることを確認するために戦争に入っただけです。そのため、この国がフランス語や英語ではなくアメリカ人に占領されていることを嬉しく思います。手漕ぎボートはドイツのUボートを欺くためによく使われ、手紙が援助を与えるようになったとき、隠された銃がUボートに発砲しました。」

—ドイツの12歳の男子生徒

アメリカの政治家について

39。 「Schorederも私に手紙を書いています。シカゴトリビューンでのフーバーの演説の切り抜きを送ってくれませんでしたか?そうでない場合は、コピーをお送りします。フーバーは私たちのことをよく話しません。」

—ベルリンからトリーアへの手紙

40。 「ウィルソン大統領がドイツに食糧を供給すると言っていたが、そうしなかったので、アメリカ人が好きになることは決してないだろう。」

—ノイヴィートの若い教師

アメリカ人の性格とアメリカへの移住の可能性について

41。 「これらの人々は、最も一般的な仲間を大胆に立ち上がって自由にそして無関心に動き回る個人に育てる秘密の方法を持っていると確信しているので、私は半年かそこらアメリカに行きたいです。」

あなたが知らなかった言葉は頭字語だった

—VallenderのFrau LisbetteSchaferからWilliamStraubeへの手紙

42。 「あなたのアメリカ人は何をしていますか?私と同じくらいチョコレートをもらえますか!私はそれらと非常に楽しい時間をたくさん過ごしましたが、私はものとパック全体にうんざりしています。アメリカ人は私たちがやるべきことがたくさんあることを理解できません。それらの怠惰な人々。ここの私たちよりもアメリカの方が物事は彼らにとって良いです。私はまだ彼らと一緒に行くかもしれません。そうすれば、あなたは確かに目を作るでしょう。」

—ニーダーブライジグからゴンドルフへの手紙の翻訳

すべての画像はウィキペディアコモンズの厚意により提供されています