論文

車のウインカーがカチッという音がする理由

トップリーダーボード制限'>

方向指示器のカチッという音は、車が発する最も不快な音の中でもランク付けされています。車のダッシュボードの矢印の後ろで点滅する電球とともに、優しくリズミカルなティック ティックダニ-ing トーンは、スイッチをオンにしたときにウインカーが正常に動作していることを示しています。テクノロジーが進歩しても、この機能は何世代にもわたって車両に不変であり続けています。少なくとも、ドライバーにはそのように見えます。 Jalopnik 氏によると、次のことが 1 つあります。持っているただし、変更されたのは、そのなじみのあるサウンドの実際のソースです。

点滅する方向指示器は、ビュイックが一部のモデルで標準化した 1930 年代後半に自動車に登場し始めました。従来、クリック音は熱を介して発生します。ドライバーがウィンカーをオンにすると、電気が車のバイメタル スプリングを加熱し、小さな金属片に接触するまで曲がります。これらの 2 つのコンポーネントが接続されると、電流がそれらを通過し、電気ターン シグナル ライトに電力を供給します。バイメタル スプリングは急速に冷却され、元の形状に戻り、ライトをオフにした後、新しいフラッシュを作成するプロセス全体が再び開始されました。スプリングが前後に曲がると、カチッという音がしました。

で始まるかっこいい言葉

次のウインカーの進化は、同様のトリックを使用しましたが、熱によってスプリングを動かす代わりに、チップを介して電子パルスを電磁石に送信しました。作動すると、電磁石が金属のアーマチュアを引き上げ、ライトに電力を供給している電流を切断します (リレーの設定に応じて、その逆)。チップからのパルスがなければ、電磁石がオフになり、アーマチュアが元の位置に戻り、バルブに電力を供給する回路をブリッジしました。リレーは温泉と同様、動くたびにカチッと音がする。

最近まで、ほとんどの車のウインカーはこのように機能していましたが、車のコンピューター化が進むにつれて状況は変わりました。今日製造されている多くの車は、コンピューター コマンドを使用して方向指示器を作動させ、かつては独特のクリック音を発生させていたプロセスをスキップしています。しかし、カチカチという音は人が慣れ親しんだものであり、ウインカーを作動させても何も聞こえなければドライバーは不安になるかもしれません。そのため、コンピューターの時代に機械音がまだ存在しているのです.現代の多くの車では、実際には車両のオーディオ システムを通じて放送されているだけですが、.

雲の重さはどれくらいですか

車内で電子フラッシャー信号システムがどのように機能するかを視覚的に確認するには、以下のビデオをご覧ください。

[h/t ジャロプニク]