論文

元気な 80 年代の歌「Vamos a la Playa」は核戦争についてでした

トップリーダーボード制限'>

高校で受けたスペイン語の授業のことは何も覚えていませんが、「ビーチに行こう」という言い方は知っています。それは、1983 年に大ヒットしたイタリア人デュオ、リゲイラの「Vamos a la Playa」に感謝します。それは、今日でもスペイン語の授業で見られます。それは、ビーチで 1 日過ごすため、喜んで日焼け止めとタオルを詰めるお父さんやお母さんの唇に現れます。

しかし、私たちの多くはタイトルの歌詞以上に何かを学ぶことを気にしたことはありません.可能な限り陽気なバージョン。この歌の内容は次のとおりです。

海に行こう oh oh oh oh x 4
ビーチに行こう 爆弾が落ちた
放射能は焦げて青みがかっている

に翻訳:

海に行こう oh oh oh oh x 4
ビーチに行こう 爆弾が爆発した
放射能がすべてを乾杯し、青く染める

犬を追い出す歌

そしてこの一節:

みんな帽子をかぶって海へ行こう。
放射能の風が髪をなびかせます。



に翻訳:

歯の妖精は男の子か女の子か

ソンブレロの皆さん、海へ行こう。
放射能風が髪をかき乱す

そしてこの一節:

ビーチに行って、やっと海がきれいになりました。
魚の臭いがなくなり、蛍光色の水になります。

に翻訳:

ビーチに行こう、やっと海がきれい。
魚の臭いはもういりません。ただの蛍光水です。

この夏、自分のリスト フォンを身に着けてプラヤに向かうときは、このことを覚えておいてください。