論文

世界で最もコーヒーを飲む国25カ国

トップリーダーボード制限'>

毎週 1 人で 0.5 ポンドのコーヒーを飲んだら、平均的なフィンランド市民と同等です。 WorldAtlas によると、フィンランドは 1 人あたり年間平均 26.45 ポンドのコーヒーを消費しています。これは、世界の他のどの国よりも多いです。そして、その「一人当たり」には子供やカフェインを摂取していない人々が含まれているため、コーヒーを飲む一人当たりの実際の量はおそらくもっと多いでしょう.

フィンランドは誰もが認めるチャンピオンですが、スカンジナビアの近隣諸国も苦い豆ジュースを大量に飲みます。 2 位のノルウェーは 1 人あたりの平均体重が 22 ポンド近くあり、スウェーデンは 18 ポンドとかなりの体重で 6 位です。一般に、ヨーロッパは他のどの大陸よりもカフェインが多いようです。リストにある 25 か国のうち、他の場所にあるのは 5 か国 (カナダ、ブラジル、キプロス、レバノン、米国) だけです。米国はかろうじてそれを達成しました。私たちの 1 人あたりの消費量は年間 9.26 ポンドで、私たちは 25 位です。

ヨーロッパ人がコーヒーを飲む頻度を考えると、コーヒーがさまざまな方法で彼らの文化の不可欠な部分になっていることは驚くことではありません。たとえば、フィンランドでは、多くの労働組合が職場でのコーヒー ブレークを義務付けており、ノルウェー人はカルスク、コーヒー、砂糖、ムーンシャインの強力な混合物。英国の住民がスコーン、ビスケット、その他のペストリーを添えた伝統的なお茶サービスを提供しているのと同じように、スウェーデンとオランダの人々はコーヒー タイムを日課にしています。スウェーデンでは、コーヒー;オランダでは、コーヒータイム.

以下のリストを作成した他の国を確認し、ここでコーヒーの習慣について詳しく調べてください。

  1. フィンランド // 26.45 ポンド
  1. ノルウェー // 21.82 ポンド
  1. アイスランド // 19.84 ポンド
  1. デンマーク // 19.18 ポンド
  1. オランダ // 18.52 ポンド
  1. スウェーデン // 18 ポンド
  1. スイス // 17.42 ポンド
  1. ベルギー // 15 ポンド
  1. ルクセンブルク // 14.33 ポンド
  1. カナダ // 14.33 ポンド
  1. ボスニア・ヘルツェゴビナ // 13.67 ポンド
  1. オーストリア // 13.45 ポンド
  1. イタリア // 13 ポンド
  1. ブラジル // 12.79 ポンド
  1. スロベニア // 12.79 ポンド
  1. ドイツ // 12.13 ポンド
  1. ギリシャ // 11.9 ポンド
  1. フランス // 11.9 ポンド
  1. クロアチア // 11.24 ポンド
  1. キプロス // 10.8 ポンド
  1. レバノン // 10.58 ポンド
  1. エストニア // 9.92 ポンド
  1. スペイン // 9.92 ポンド
  1. ポルトガル // 9.48 ポンド
  1. 米国 // 9.26 ポンド