論文

これまでで最も厄介な 20 曲

トップリーダーボード制限'>

残りの週を「We Built This City」、「Who Let the Dogs Out」、「Wannabe」などのハミングで過ごしたくない場合は、今すぐこの記事を読むのをやめてください。誰もが個人的に最も嫌いな曲を持っていますが、ロックンロールの歴史の中で最も迷惑な曲になると、私たちの多くは同じ意見であることがわかりました.の間に転がる石そしてそのニューヨーク・ポスト、頭蓋骨の隙間に詰まる最もいらいらする 20 曲を紹介します。

1. 「この街を作った」 // スターシップ

2. 「マイ・ハンプス」 // ブラック・アイド・ピーズ

3. 「WE ARE THE WORLD」 // USA FOR AFRICA

4.「マカレナ」 // ロス・デル・リオ

5. 'ONE WEEK' // ベアネイキッド・レディース

6. 「フー・レット・ザ・ドッグス・アウト」 // バハ・メン

7. 「ドント・ウォリー、ビー・ハッピー」 // ボビー・マクファーリン

8. 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 // セリーヌ・ディオン

9. 'PHOTOGRAPH' // ニッケルバック

10. 「TAKE MY BREATH AWAY」 // ベルリン

11.『マンボNo. 5' // ルー・ベガ

12.「ディスコ・ダック」 // リック・ディーズ

13.「あなたは美しい」 // ジェームス・ブラント

14.「ザ・ジョーカー」 // スティーヴ・ミラー・バンド

15.「WANNABE」 // SPICE GIRLS

16. 'PPAP' // PIKO-TARO

17. 'THE THONG SONG' // シスコ

18.「ROCK THE BOAT」 // THE HUES CORPORATION

19. 'BELIEVE' // シェール

20. 「いつでもパーティー」 // エディ・マーフィ