バイオグラフィー

シェルドン・ブリーム

シェルドン・ブリームの事実

フルネーム: シェルドン・ブリーム
誕生日: 1970年12月23日
年齢: 49歳
性別: 男性
職業: ビジネスマン、テレビ人格
国: アメリカ
星占い: 山羊座
高さ: 6フィート0インチ(1.83m)
シャノン・ブリーム
既婚シャノン・ブリーム
目の色褐色
髪の色グレー
状態既婚
国籍アメリカ人
人種白い
教育リバティ大学
兄弟姉妹シド・ブリーム
もっと見る/もっと見るシェルドン・ブリームの事実

シェルドン・ブリームは、アメリカ人ビジネスマン、TVパーソナリティ、フォックス・ニュース・チャンネルの最高裁判所レポーターであり、ブリーム・スピーカー・マネジメントLLCの創設者でもあります。

内容:

  • 1体の測定(身長と体重)
  • 2シェルドン・ブリームの純資産と給与はいくらですか?
  • 3シェルドン・ブリームズの妻は誰ですか?彼には子供がいますか?
  • 4初期の人生
  • 5シェルドン・ブリームズのキャリア

身体測定(身長と体重)

シェルドン・ブリームは、 6フィート 彼の体重はまだメディアから欠落しています。彼の魅力的な茶色の瞳の色は、彼を穏やかで平和な性格だと表現しています。シェルドンの髪の色は灰色です。

ホルヘ・ラモス元妻

シェルドン・ブリームの純資産と給与はいくらですか?

シェルドン・ブリームは、テレビのパーソナリティとしての彼のプロとしてのキャリアから良好な財政的地位を確立しました。彼はテレビ番組からかなりの収入を得ています。 ケリーファイル、彼は周りに蓄積しています 10万ドル 給与の時点で。



彼は自分の正確な純資産を明らかにしていませんが、それはどこかにあるはずです 200万ドル 彼の収入によって。彼の妻が シャノン・ブリーム 推定純資産は約 600万ドル。彼の勤勉さと献身を見ると、彼は彼の家族と一緒に贅沢なライフスタイルを送っていると推測できます。

シェルドン・ブリームズの妻は誰ですか?彼には子供がいますか?

シェルドン・ブリームは女優と結婚しました シャノン・ブリーム。 彼の妻は次のようなキングスマンで有名です The Golden Circle(2017)、Fox News @ Night(2017)、NBC 4 WRC-TV News Today(1953)。 彼らは学部時代に初めて会った リバティ大学 付き合い始めました夫婦はお互いに結婚することを決め、それ以来ずっと一緒にいます。

キャプション:シェルドンブリームと妻のシャノンブリーム

彼らの正確な結婚日はどのウェブサイトにも載っていません。ただし、シャノンのソーシャルメディアやその他のテレビのインタビューでは、結婚日は1995年12月30日になっている また、シャノンは、2016年11月にタッカー・カールソンズのショーに出演したとき、彼女はほぼ21年間結婚していたと述べました。


linksadss

しかし、夫婦には子供はいませんでしたが、愛らしい犬、というチョコレートラボがあります ミス・モカ。また、余暇にはハイキング、釣り、その他のアクティビティを楽しんでいます。

若いころ

シェルドン・ブリームは 1970年12月23日、で アメリカ合衆国。 2019年現在、彼は49歳であり、彼の星占いは射手座です。彼の誕生サインは、好奇心and盛でエネルギッシュな性格であると説明しています。彼は幼少期を弟と過ごした シド・ブリーム、引退したメジャーリーグの野球選手です。

シェルドンはアメリカ国籍を持ち、白人の民族グループに属します。彼が参加しましたリバティ大学バージニア州リンチバーグで、1993年に「スポーツ管理」および「ビジネス」の学士号を取得して卒業しました。

シェルドン・ブリームズのキャリア

シェルドン・ブリームは、事務局関係のディレクターとしてジャーナリズムの分野に足を踏み入れ、後に革命的な講演産業の1つであるワシントンスピーカーズビューローに加わりました。

マーカス・マリオタの妻

ビューローのディレクターとして働いた後、彼はFIAが主催するラリーシリーズの1つであるワールドラリー選手権のゼネラルアサインメントに参加し、チャンピオンドライバーとメーカーになりました。

キャプション:シェルドンブリーム、アメリカのテレビ人格

amはの代替アンカーです ケリーファイルと同様特別報告に加えてブレット・バイヤー バイエルは、 Foxニュースチャンネル そして、主要な政治的アンカー。現在、シェルドンは2018年4月以来、Bream Speaker Management LLCのプリンシパルであり、聴衆にインスピレーションを与え、教育する誠実なスピーカーを代表し、推進しています。

シェルドンはまた、国際スピーカーズビューロー協会(IASB)とも関係しています。また、さまざまな経験を経て人々に影響を与えることができる複数のプロのスピーカーと協力し、協力して人々をやる気にさせました。