論文

愛:私を養うものは破壊する

トップリーダーボード制限'>

私が呼んでいる新機能の最初の記事へようこそ ラテン恋人 .はい、ラテン語は死んだ言語ですが、その幽霊は非常に多くの方法で私たちの生活に取り憑いており、私たちはそれについて書かなければなりません.

ゲームのヒントが出てきたのはいつですか

今朝のアンジェリーナ・ジョリーのインクのテーマに引き続き、このフレーズを見てみましょう。私を養うものは破壊するへその下でジョリーがスポーツするタトゥー。

文字通りの翻訳: 「私を養うものは私を破壊する」??一般に、「人が内部から消費できる本当に動機付けになるものは何か」と解釈されます。とはいえ、拒食症賛成派のフォーラム (メンバーは拒食症は病気ではなくライフスタイルの選択であると言っている) では、明らかに食物に言及するためにこの用語を使い始めました。

しかし、このフレーズの語源はやや曖昧です。これは、古典的なラテン語のテキストには見られず、古代の作家によるものでもありません。では、ジョリーとこれらの拒食症支持者グループがテーマに間違ったバリエーションを使用している可能性はありますか?

どうして?なぜなら私を養うものは破壊する「私を養い、滅ぼすもの」できる見つけられた。これは、主にウィリアム・シェイクスピアの作品と呼ばれる戯曲からのものです。タイヤの王子、ペリクルスに触発されたものタイヤのアポロニウス、6世紀にさかのぼるラテン語のテキスト。

その仮説は、もしあなたがアンジェリーナ・ジョリーに会う幸運に恵まれたとしても、彼女のタトゥーの可能性のあるルーツについて言及することによって誇示することはありません.私の意味を理解すれば、彼女と相性が良すぎる思考の糧にはならないかもしれません。