論文

水なしで生き残る方法

トップリーダーボード制限'>

食堂に水を一滴も入れずに荒野で立ち往生していませんか?心配しないでください。この状況を生き延びて、信じられないほど面白い話をするために生きることができます。

1. やる気を出す

水がなくても生きていけますが、長くはありません。平均的な人間は、一口の水を飲まなくても 3 日から 5 日は耐えることができますが、脱水症状が始まり、混乱、無気力、心拍数の増加など、そのかなり前にあらゆる種類の問題を引き起こします。水を見つける必要があるでしょう、プロント。

2. 汗をかかないで

水を探す前に、明らかな難問を考えるのをやめてください。体に入れる新しい水分がない場合は、すでにそこにあるものを節約するためにできることをする必要があります。脱水プロセスを加速するだけで、汗をかく活動を制限するようにしてください。

3. スノービジネスに参入

小川、川、または湖を見つける前に、動物やその跡をこれらの神々の 1 つに追いかけてみてください。雪や淡水の氷ほど簡単に水分補給できるものはありません。ただし、ただ雪だるまをむしゃむしゃ食べ始めるだけではありません。凍ったまま水を飲むと体温が下がり、脱水症状を悪化させます。凍ったような掘り出し物を液体の水に溶かすと、準備が整います。

4. バナナに行く

ジャングルにいるなら、バナナの木を探してください。ナイフの助けを借りて、ナイフを持たずにジャングルに足を踏み入れたわけではありません。 – バナナの木は個人的な水飲み場になることができます。木の下の足を残してハックし、残った切り株の上部にボウルを刻みます。木の根は体液を幹に吸い上げ、ボウルは水で満たされます。

5. 重力をあなたのために働かせる

砂漠では、水を見つけるのが難しい場合がありますが、運が良ければ、重力があなたの負担を軽減してくれます。水は下り坂を流れるので、谷や裂け目にある液体を探すために、できるだけ下り坂を歩いてください。それがうまくいかない場合、そしてたまたまマチェーテを持っている場合は、サボテンにハックして、果肉から水分を絞ってください。果肉を口に入れて水を吸い取ることもできますが、食べないように注意してください。