論文

クレイジーなリンゴから成長するカシューナッツ


トップリーダーボード制限'>

これを下にファイルしますデマのように見えますが、そうではありません:上にある「カシューアップル」の下からカシューナッツが育ちます。リンゴの部分は「アクセサリー フルーツ」と (かわいらしく) 呼ばれていて、この衣装のハンドバッグになっています。リンゴの下にあるナッツは、ほとんどの人が実際に食べる部分です。さらに奇妙なことに、その「ナッツ」は実際には植物学的な意味でのナッツではなく、種子です。言っておくが、世界は実に奇妙だ。

カシューアップルが良いもの

カシューアップル

©ゲッティイメージズ

シャツの後ろのループは何ですか

カシューアップルはデリケートなアクセサリーフルーツです。花の子房以外の組織から成長するため、アクセサリーと見なされます。 (花の卵巣について詳しく知りたい場合は、ウィキペディアを参照してください。)

カシューアップルはスペイン語でカシュージュースやジャム、さらには fenny と呼ばれるリキュールにもなります (伝えられるところによると、fenny はトニックウォーターやコーラと一緒に飲むとよいそうです)。熟した赤りんごや黄色いりんごはインド料理にも使われ、カレーの甘みにもなります。残念なことに、リンゴはデリケートで、そのジュースは衣服を簡単に汚してしまいます.多くの国では、リンゴは非常に壊れやすいため、家畜に与えられます.

ナッツ中毒

焙煎前のカシューナッツ

あなたの親指に脈はありますか

(焙煎前のカシューナッツ - © Getty Images)



カシュー ナッツの種子は、動物がそれをむさぼり食うのを防ぐために、いくつかの有毒な層に囲まれた腎臓の形をしたスナックです。種子の外側には、アナカルド酸で満たされた二重の殻があり、接触すると皮膚に発疹が生じます。明るい面では、酸には医学的用途があり、穏やかな抗菌性と抗真菌性があり、歯痛を和らげるために使用されることもあります。酸はシロアリと戦うためにも使用できます。カシューナッツを食べられるようにするには、通常は焙煎して酸を中和しますが、酸から出る煙自体が有毒であるため、焙煎業者は注意を促しています.私たちが慣れ親しんでいる濃いベージュになる前は、上図のように種子自体が緑色をしています。

パデュー大学は、カシューナッツがブラジルから他の熱帯気候にどのように伝わったのか、そしてカシューアップルが長年の主要な魅力であった方法を説明しています (強調は追加されました):

カシューナッツはブラジル北東部が原産で、16世紀にはポルトガルの商人は、モザンビークとインド沿岸部にそれを導入しましたが、海岸の侵食を止めるための土壌保持剤としてのみ使用されました。.それは繁栄し、野生化し、これらの場所や近くの島々に広大な森林を形成し、最終的には東アフリカや南アメリカ北部、中央アメリカ、西インド諸島の熱帯低地にも分散しました。それは暖かい地域すべてに多かれ少なかれ何気なく植えられており、フロリダ州南部の実験場や私有庭園でいくつかの実りの標本が見られます。

カシューナッツの生産と加工は複雑で難しい問題です。有毒な殻油の大きなハンディキャップのために、ラテンアメリカ人と西インド人は、何年にもわたってジューシーなカシューアップルに最も熱心であり、一般的にはナッツを捨てるか、限られた規模で粗雑に加工してきました.、特にセアラ州でカシューナッツ加工産業が高度に発達しているブラジルを除いて。モザンビークでも、リンゴは何十年にもわたって最高の地位を占めていました。その後、注目はナッツに集中しましたが、1972 年には、推定 200 万トンの余剰カシュー アップルからのジュースとシロップの工業的可能性が調査されました。一方、インドでは、ナッツの利用と促進の先駆者となった一方で、大量のカシュー ナッツがほとんど無駄になりました。

ローストナッツ入りカシューアップル

セントヘレンズ山についての楽しい事実

焙煎後のカシューナッツ - © Getty Images

ビデオプルーフ

カシュー アップルが存在することを確信させるために、フロリダ州ホームステッドに生育する 1 本の木の揺れる携帯電話の映像を集めました。

ああ、私は誰をからかっていますか?明らかにデマですよね?えっと、待ってください、これはコスタリカで撮影されたビデオです。素敵なビーガンの仲間が、カシュー アップルの食べ方を教えてくれています。

それだけでは物足りないという方のために、ベトナムのカシュー ナッツ加工システムを紹介する熱狂的なビデオをご覧ください。これらは本物であると結論付けることができると思います。今、私は1つ欲しいです。

カシューアップルを食べましたか?

このカシューアップルの味が気になる。レシピを共有したい人はいますか?