論文

米国が失った8つの核兵器

トップリーダーボード制限'>

冷戦中、アメリカ軍は少なくとも 8 発の核兵器を永久に置き忘れました。これらは、国防総省が「ブロークン・アロー」と呼んでいるものの話ですか?? — アメリカの迷走核であり、広島型原爆の 2,200 倍の爆発力を持っています。

STRAY #1: 太平洋へ

1950 年 2 月 13 日。 アラスカからテキサスに向かう途中のアメリカの B-36 爆撃機が、訓練中に 3 つのエンジンの出力を失い、高度を失い始めました。航空機を軽量化するために、乗組員は貨物である 30 キロトンの Mark 4 (ファットマン) 核爆弾を太平洋に投棄しました。従来の爆発物は、衝撃で爆発し、閃光と衝撃波を発生させた。爆弾のウラン成分は失われ、回収されることはありませんでした。 USAF によると、プルトニウム核は存在しませんでした。

STRAY #2 & 3: 薄い空気の中へ

1956 年 3 月 10 日。 フロリダのマクディル空軍基地から海外の空軍基地に核爆弾を2基搭載したB-47が、地中海上空で予定されていた空中給油中に姿を消しました。高度 14,500 フィートの厚い雲の土手で迷子になった後、飛行機は二度と音を出さず、核を含むその残骸は発見されませんでした。兵器の種類は明らかにされていないが、マーク 15 熱核爆弾 (通常は B-47 に搭載されている) の合計出力は 3.4 メガトンであった。

STRAYS #4 & 5: ノースカロライナの沼地のどこか

1961 年 1 月 24 日。 24 メガトンの核爆弾を 2 発搭載した B-52 が、ノースカロライナ州ゴールズボロの空軍基地から離陸中に墜落しました。兵器の 1 つは湿地の農地に沈み、そのウラン核は 50 フィートの深さまでの集中的な捜索努力にもかかわらず発見されませんでした。誰も武器を取り戻せないようにするために、USAFは土地を掘るために政府の許可を必要とする永久的な地役権を購入した.

STRAY #6: 日本の事件

1965 年 12 月 5 日。 1 メガトンの熱核兵器 (水素爆弾) を搭載した A-4E スカイホーク攻撃機が、米国の甲板から転落しました。タイコンデロガは太平洋に落ちた。飛行機と武器は 16,000 フィートの水に沈み、発見されませんでした。 15 年後、アメリカ海軍はついに事故が起こったことを認め、公海の比較的安全な陸地から 500 マイル離れた場所で発生したと主張しました。これは真実ではないことが判明しました。実際には、ベトナム上空での爆撃ミッションの後、空母が日本の横須賀に向かって航行していたときに、日本の琉球諸島から約 80 マイル離れた場所で発生しました。

これらの暴露は、米国が自国の領土に核兵器を持ち込むことを禁止する日本で政治的騒動を引き起こしました。

STRAYS #7 & 8: 250 キロトンの爆発力

1968 年春。 米国バージニア州ノーフォークの本拠地に戻る途中、核攻撃潜水艦であるスコーピオンは、アゾレス諸島の南西約 400 マイルで不可解にも沈没しました。 99 人の乗組員全員の悲劇的な損失に加えて、スコーピオンは 2 つの不特定の核兵器、つまり核弾頭を搭載した対潜ミサイルまたは魚雷のいずれかを搭載していました。これらは最大 250 キロトンの爆発力を生み出す可能性があります (使用された武器の種類による)。



注: タイビーについてはどうですか?

米国は、1958 年にジョージア州タイビー島で弾頭を失いました。米国空軍によると、核弾頭はプルトニウム核を含んでおらず、そのため機能する核兵器とは見なされませんでしたが、議論されています。この件に関してアメリカ空軍を信じるかどうかは、個人的な呼びかけです。