論文

二度と見られないかもしれない7つの行方不明の歴史的宝物

top-leaderboard-limit '>

世界の大きな謎を解き明かそうと試みたすべてのテレビ番組や、失われたアーティファクトを探している勇敢な冒険家にとって、歴史の最も有名な宝物のいくつかはまだ失われています。これらには、これまでに作られた中で最もまばゆいばかりの部屋の1つ、巨大な黄色いダイヤモンド、そして有名なギリシャの詩人の作品が含まれています。これらの謎のほんの一部がここにあります。

1.琥珀色の部屋

18世紀にドイツの彫刻家アンドレアスシュリュターとデンマークの琥珀の芸術家ゴットフリートウォルフラムによって設計され、1716年にロシアに贈られた、エカテリーナ宮殿の琥珀色の部屋はサンクトペテルブルク地域の誇りでした。宝石、金メッキ、そしてもちろん琥珀のパネルで贅沢に装飾され、「世界の八番目の不思議」と呼ばれることもありました。

第二次世界大戦中にドイツ軍がサンクトペテルブルクに近づいたとき、エカテリーナ宮殿の学芸員は、この宝物を隠す必要があることを知っていました。彼らはそれを分解しようとしましたが、乾いた琥珀が手に崩れました。代わりに、彼らはそれを壁紙の後ろに隠しました。ドイツの兵士はとにかく琥珀色の部屋を見つけ、木枠に詰められてケーニヒスベルク、そしてドイツの一部(現在はロシアの一部)に出荷された断片に分解しました。しばらくの間、琥珀色の部屋はケーニヒスベルク城博物館に設置されました。その後、その運命は曖昧になります。戦争の爆撃で破壊されたと信じている研究者もいれば、まだどこかに隠されていると考える研究者もいます。それが発見されたという定期的な主張、そして1997年に発見された検証済みの残骸にもかかわらず、そのほとんどは失われたままです。 2003年に、サンクトペテルブルクの近くで琥珀色の部屋の再建が発表されたので、訪問者は少なくともその失われた栄光を垣間見ることができます。

2.SAPPHOの詩

ローレンスアルマタデマ卿、サッフォーとアルカイオス(1881)ハルトンアーカイブ/ゲッティイメージズ

古代の情報筋によると、ギリシャの詩人サッフォーは9巻の文章を書いたが、完全な詩は2、3行、パピルスと陶器の断片に数百行しか残っていない。ほんの一握りの言葉が含まれているものもありますが、彼女の作品への情熱をほのめかしています。彼女の著作は他の情報源で頻繁に引用されていたため、これらのビットの多くは古代での彼女の人気のおかげで生き残っています。

発見すべきサッフォーの仕事はもっとあるかもしれません。エジプトのオクシリンコスにあるゴミ捨て場での19世紀後半から20世紀初頭の発掘調査では、彼女の詩の貴重な断片が見つかりました。 2014年には、オックスフォードのパピルス学者によってパピルスの断片に関する2つの研究が特定されました。運が良ければ、古典世界の残骸の中で発掘する彼女の詩の残骸がまだ散らばっているかもしれません。



ピーターラビットはいつ出たの?

3.フロレンティンダイヤモンド

伝説によると、シャルル・ザ・ボールド(ブルゴーニュ公)は、この132.27カラットの黄色いダイヤモンドを1477年のナンシーの戦いにお守りとして運びました。しかし、宝物は彼を保護するためにほとんど何もしませんでした、そして、彼は彼の宝石と一緒に落ちました。彼の切断された死体は後に戦場から回収されたと言われていますが、ダイヤモンドはガラスだけだと思ったために2フランで売ったスカベンジャーによって拾われたと思われます。

しかし、1920年代に、美術史家のNello Tarchianiがアーカイブ調査を行ったところ、ダイヤモンドは公爵とは関係がない可能性が高いことが明らかになりました。宝石はインド南部で生まれ、ポルトガル人が1500年代にこの地域を占領するまでそこにとどまりました。その後まもなく、1601年にヨーロッパに渡り、トスカーナ公フェルディナンドデメディチを含む一連の著名な所有者の手に渡りました。その名前が付けられたのは、フィレンツェのメディチ家の宝庫でした。フィレンツェのダイヤモンド—そしておそらくその輝く126ファセットのダブルローズカット。

メディチ家の最後の家族であるアンナマリアルイサデメディチが1743年に亡くなったとき、ダイヤモンドは彼女がトスカーナ州に遺した宝の山にとどまりませんでした。代わりに、ロレーヌのフランツ・ステファン(後にトスカーナ大公と神聖ローマ皇帝になった)は、ハプスブルク家の列の終わりに、妻のマリア・テレジア皇后のためにそれを購入しました。しばらくの間、フィレンツェのダイヤモンドはウィーンの王冠の宝石の一部になりました。その後、オーストリア=ハンガリー帝国は第一次世界大戦後に崩壊し、ダイヤモンドは最後の皇帝であるカール1世によってスイスに亡命したと考えられています。

しかし、それは今どこにありますか?追放された皇帝によって売られ、おそらくその目的のために小さな宝石に切り分けられたなど、その消失については多くの理論があります。他の人々は、それが南アメリカに盗まれて元気づけられたと主張します。何年にもわたってダイヤモンドの痕跡がなく、その所在は謎のままです。

4.ファベルジェの卵

ピーターマクディアミッド/ゲッティイメージズ

伝説的なファベルジェの家はかつてロシアで最大の宝石商であり、500人のデザイナーと職人を雇用して、マントルピースの時計からタバコのケースまで、あらゆるものを繊細で精巧な芸術作品に変えました。彼らの最も有名な業績は、ロシアの支配者が妻と母親に贈り物として贈った、皇帝アレクサンドル3世とニコライ2世のために彼らが作り出した宝石がちりばめられたイースターエッグのシリーズです。シベリア横断鉄道の卵(金とプラチナで作られたワインドアップトレイン付き)からベイツリーエッグ(木のような形をしていて、枝から機械的な歌う鳥が現れる)まで、各卵には驚きが含まれていました。ロシア革命がロマノフ王朝を打倒し、皇室が処刑された後、新しいソビエトの支配者たちは卵を押収しました。レーニンはそのような文化遺産の保存に興味を持っていましたが、スターリンはそれらを経済的資源と見なし、卵は売り払われました。 50個の帝国の卵(皇帝のために作成された卵が知られているため)のうち、7個が欠落しています。

失われた卵に関する情報はまばらです。写真はほとんどありません。卵の1つであるCherubwith Chariot Eggの唯一の画像は、陳列ケースのガラスに映ったものです。内部の驚きが記録に詳述されている場合もあれば、謎のままである場合もあります。しかし、2012年に、金くずの派手なものだと思っていたものを購入した中西部の男性が、たまたま中の小さな時計の名前「ヴァシュロンコンスタンタン」をインターネットで検索しました。彼は、14,000ドルで購入した小物が、失われたインペリアルエッグの1つであり、3,300万ドルの価値があることを発見しました。

クモを殺している不運

5.アイルランドのクラウンジュエル

聖パトリック勲章のグランドマスターであるダドリー卿は、しばしばアイリッシュクラウンジュエルと呼ばれるものを身に着けています。オーストラリア国立図書館、ウィキメディアコモンズ//パブリックドメイン

ポートランドメイン州は何で知られていますか

1907年7月6日、聖パトリック勲章のグランドマスターに属するレガリア(「アイルランドの戴冠宝器」と呼ばれる)が紛失していることが発見され、鍵は金庫の鍵に大胆にぶら下がっていました。ダイヤモンドの星とバッジを含む高価な作品は、1830年に騎士団に贈られました。さらに侮辱されると、騎士団の騎士団の5つの首輪も千と千尋の神隠しになりました。

セキュリティはおそらく少し緩いものでした。 1903年にダブリン城のために金庫室が建てられましたが、宝石を保護する金庫は大きすぎてドアに収まらなかったため、図書館の金庫室に保管されていました。

調査はすぐに開始されましたが、1世紀後、事件は未解決です。ダブリン城での性的スキャンダルに触れたため、エドワード7世の命令により調査が中止されたという噂があります。容疑者のトップは、城の副司令官であり、有名な探検家アーネスト・シャクルトンの兄弟であるフランシス・シャクルトンです。兄の極地探検のために資金を調達しようとしていたのではないかと言う人もいます。

6.イザベラスチュワートガードナー美術館からのアート

イザベラスチュワートガードナー博物館の空のフレームウィキメディアコモンズ連邦捜査局//パブリックドメイン

1990年3月18日の早朝、ボストンのイザベラスチュワートガードナー博物館の警備員は、警察官であると主張する2人の男性で騒ぎました。中に入ると、彼らは警備員に手錠をかけ、彼らの本当の意図を明らかにしました:芸術を盗むこと。彼らは、5億ドル相当の、世界最大の未解決の美術品盗難である13の作品で成功しました。

フェルメール、レンブラント、ドガ、マネの作品は盗まれた芸術の1つですが、奇妙なことに、強盗は近くにある他のより価値のある物ではなく、ナポレオンの旗と古代中国のビーカーの上からブロンズイーグルを選ぶことも選びました。博物館のコレクションとレイアウトは永続的であるため(どちらも故イザベラスチュワートガードナーの遺産)、失われた芸術作品のフレームは空のままであり、記念碑であり、泥棒がまだ大勢いることを思い出させます。 FBIは、絵画がフィラデルフィアの組織犯罪サークルに伝わったと信じていますが、2003年以来、主導権を握っていません。現在、芸術作品の回復につながる情報に対する報酬は1,000万ドルです。

7. THE HONJŌ MASAMUNE

第二次世界大戦の終わりに、日本の市民は歴史的な部分を含む私有の武器を引き渡すことを要求されました。その中には、これまでに作られた最も有名な刀の1つ、鎌倉時代の本庄正宗がありました。 1260年から1340年頃に住み、日本で最も偉大な刀職人と見なされることが多い正宗によって作成されたこの刀は、その強さと芸術性で称賛されました。

その最後の所有者は徳川家正であり、連合軍の命令に従って、本庄正宗と他の家宝の剣を警視庁に持ち込んだ。彼らはAFWESPACの外国清算委員会(陸軍、西太平洋)の誰かに引き渡され、その後姿を消した。この時代に降伏した剣の中には、アメリカ兵によってアメリカに持ち帰られたものもあれば、海で溶けたり投げられたりしたものもありました。今日、本庄正宗の運命は不明です。