論文

より想像力豊かであることの6つの実証済みの利点


トップリーダーボード制限'>

想像力を受け入れたからといって、クレヨンに投資してもう一度貼り付ける必要はありません (ただし、可能です!)。シンプルで想像力に富んだ活動を日常生活に取り入れることができます。食事を作る。いたずら書き。作り歌を歌います。科学的研究によると、美術館でアートを鑑賞したり、小説を読んだりするだけでも、想像力を刺激し、人生を向上させることができます。想像力を働かせることの 6 つの本当の利点は次のとおりです。

1. 問題解決スキルを向上させます。

余暇に想像力を働かせることは、仕事上の障害を克服するのにも役立ちます。新しい方法で課題を見て、対立に対する機知に富んだ解決策を考え出すことができます。オフィスの外で想像力を開発することに集中する時間を確保することで、仕事上の課題に対処する強力なツールになる可能性があります。

2. 思い出を保存してください。

最近の神経学的研究によると、想像力が豊かになると、脳内に多くのニューロンが作られます。人生の後半に想像力を活用し続けると、認知症につながる記憶障害を発症する可能性が 73% 低くなります。

3. 社会的相互作用を改善します。

他人の立場に立って自分を想像できれば、その人の出身地に共感する可能性が高くなります。対立に対処するためのインスピレーションに満ちたアイデアを思いつくことができれば、あなたはより注意深く、より協調的で、戦闘的ではありません。

4. 好奇心をかき立てます。

現実から切り離すことで、可能性を想像することができます。すでにあなたの生活の中で、そして生活の外で、有望な結果を探り、調査し、その過程でより多くの知識とスキルを習得したいと思うでしょう。

5. お金を節約します。

夕食の配達を注文することもできますし、キャビネットを開けて、すでにあるものからおいしい料理を作るゲームを作ることもできます。または、スカーフを購入する代わりに、自分で作ることもできます。想像力が豊かになると、より機知に富み、消費を抑えることができます。

6. 自信を深めます。

判断を下すことなく想像力を働かせることで、自分のスキルや本能に感謝することができます。これは、人生の他の分野で自分の考えや感情をより信頼できるようになることを意味します。そして、シナリオがどのように展開するかを想像できれば、全体的な幸福に有益な決定を下す可能性が高くなります。