論文

宮崎駿の名言30選


トップリーダーボード制限'>

宮崎駿はアニメーション映画で知られているかもしれませんが、彼の人生観はほとんど評価されていません (彼の映画のほとんどではありません)。人生、映画などについての 30 の率直な引用で、オスカーを受賞した映画製作者を祝いましょう。

インスピレーションに

「日常生活からインスピレーションを得る」

子供について

「子どもたちを見ていると、力と元気をもらえます。」

「私はゲームが好きではありません。子供が子供になるために貴重な時間を奪っています。彼らはもっと現実の世界と触れ合う必要があります。」

人間の本性について

「人間には、創造と破壊の両方の衝動があります。」

「かつて、人間は人命を奪うとき、たとえ人間以外の命であっても躊躇していました。しかし、社会は変化し、彼らはそのように感じなくなりました。人間は強くなるにつれて「他に選択肢がない」という悲しみに負けて、かなり傲慢になったと思います。人間の文明の本質には、他の生き物の命を奪って、限りなく豊かになりたいという欲求があると思います。」

意思決定について

「『この映画を作らなかったら死刑になったとしても、私はこの映画を作るでしょうか?』と自分自身を試すことがあります」



関係について

「男の子と女の子が同じ作品に登場するからといって、ロマンスが必ず起こるという暗黙のルールに懐疑的です。むしろ、お互いに刺激し合って生きていく、ちょっと変わった関係を描きたいと思います.

「誰かに一度会ったら、その人を本当に忘れることはありません。」

女性について

「私の映画の多くは、強い女性の主演を持っています。勇敢で自給自足の女の子は、心から信じていることのために戦うことをためらうことはありません。彼らには友人やサポーターが必要ですが、救世主は必要ありません。どんな女性も、男性と同じようにヒーローになれるのです。」

映画製作について

「私の映画はすべて私の子供です。」

「現代の映画には耐えられない。画像は私にとって奇妙で奇抜すぎます。」

「『生きててよかった』と子どもたちに伝える映画を作りたい」

「視聴者を増やすには、彼らの期待を裏切らなければなりません。」

アートについて

「[手描きアニメーション]が死にゆく工芸品だとしたら、私たちはどうすることもできません。文明は進む。フレスコ画の画家たちは今どこにいますか?風景画家はどこにいますか?あの人たちは今何やっているの?世界は変化しています。 40年間、同じ仕事をすることができて、私はとても幸運でした。これはどの時代でも珍しいことです。」

ダンキットウッド/ゲッティイメージズ

創作過程について

「単一の世界の創造は、膨大な数の断片と混沌から生まれる。」

「私のプロセスは、考え、考え、考えることです。長い間、自分のストーリーについて考えています。」

「私は物語の力を信じています。私は、物語は人間の形成において重要な役割を果たし、聴衆を刺激し、驚かせ、刺激することができると信じています。」

「アニメーターは、自分自身の痛みやショック、感情の経験からしか引き出すことができません。」

自分を信じることについて

'いつもあなたのことを信じて。これを行えば、あなたがどこにいても、何も恐れることはありません。」

技術について

「私たちが見るすべてのものは、実際に自分の目を使う前に脳で認識されているように見えます。私たちが見るすべてのものは、コンピューターや機械を介して送られ、脳細胞に入力されます。だから、それは本当に私を心配しています。」

「コンピュータを使用する場合でも、すべて手作業で行う。」

批評家について

「レビューを読んだことはありません。興味ないです。でも、私は観客の反応をとても大切にしています。」

生活上の

「人生は暗闇の中でまばたきする光です。」

タコベルはメキシコから2回拒否されました

「しかし、憎しみと虐殺の中でさえ、人生は生きる価値がある。素敵な出会いや美しいものが存在する可能性があります。」

善対悪について

「憎しみに曇らない目で見なければならない。悪の中に善を、善の中に悪を見てください。どちらの側にも立ち向かわず、両者の間に存在するバランスを保つことを誓いましょう。」

「悪を描いてそれを破壊するという概念—これが主流と考えられていることは知っていますが、腐っていると思います。何か悪いことが起こると、人生でも政治でも、特定の誰かがそのせいで責められ、罰せられるというこの考えは絶望的です。」

退職時

「引退するなら早く引退しろ」

未来について

「未来ははっきりしている。崩れていきます。心配するのに何の役に立つの?それは避けられないことだ」

「あなたは今起こっていることが好きではないかもしれませんが、ただ受け入れて、一緒に生きようとしましょう。腹が立っても我慢して一緒に生きていきましょう。これが前進する唯一の方法であることに気づきました。」

老化について

「18歳か60歳かは違う?ひとつは変わらないと思います。」

この記事は2021年に更新されました。