論文

児童書作家の11の秘密


トップリーダーボード制限'>

モーリス センダック、ビバリー クリアリー、R.L. スタインのいずれであっても、文学との最初の接触は児童書の著者からのものである可能性があります。出版業界の一部が低迷しているにもかかわらず、児童文学は依然として好調であり、2018 年の最初の 5 か月だけで売上高が 3% 近く増加しました。私たちは何人かの子供向けの本の著者に、ページ数を制限することから、子供向けと親向けの執筆のバランスをとることまで、今日この分野で働くために何が必要かを尋ねました.

1. プロットは年齢によって異なります。

児童文学は幅の広い傘です。子供たちは絵本から始めます。絵本は、通常、大人が声に出して読み聞かせる、完全に図解された短い物語です。これらの本は、より発展した物語の弧を探るのではなく、1 つの単純なアイデアに従っているかもしれません。 6歳の頃、彼らは次のような章の本に移りますJasmine Toguchi, Mochi Queenデビー・ミチコ・フローレンス著。 「チャプターブックは、子供が初めて自分で座って本を読む場所です」とフローレンス美智子はトリニラジオに語っています。 「これは、1 つの短いプロット ラインを備えた完全なストーリーです。」 YA (ヤングアダルト) の前の最終段階は中学年であり、8 歳から 12 歳の読者にはやや複雑なプロットを提供します。

2. アーティストとしてスタートする人もいます。

イラストは絵本の大きな部分を占めており、児童書の著者にとって、原稿と一緒に送る原画があると、原稿を玄関先に出しやすくなります。次のような本の作家兼イラストレーターであるカレフ・ブラウンのような作家にとって、私たちは一緒に行きます、アートが最初に来て、文章が続きました。 「美術学校に行ってイラストを勉強しました」と彼は Trini Radio に語っています。 「絵本が頭の片隅にあったので、試してみることにしました。私の作品はとてもカラフルで遊び心があり、ちょっと風変わりなので、それに合わせて短い詩を書き始めました。私は主に、自分の作品の声に合った何かを書くことに興味がありました。」

3.それで生計を立てるのは難しい。

出版業界で働くライターの場合と同様、児童書の著者に典型的な給与はありません。しかし、一般的に、この種の仕事だけで生計を立てることは困難です。 「本が何冊か出ていればそれでいいし、印税などだけで生計を立てることができると考える人が多すぎます」とブラウンは言います。 「97%の人はそうではないと思います。売り上げの点でうまくいっている人のほとんどは、今でも学校を訪れ、カンファレンスに参加し、それを補うために他のことをしています。」ブラウンは子供向けの本を作ることに加えて、教育やフリーランスのイラストも行っています。

児童書作家・イラストレーター協会によると、初めての作家は通常、32ページの子供向けの本をイラストレーターと分けて8,000ドルから12,000ドルの前払いを受け取ります(多くの場合、イラストレーターは作者よりも大きな前金を持ち帰る)。 .自分の本が売り上げの伸びを取り戻せば、作家は 3.5 ~ 6% の印税を受け取り始めます。

4. 1章だけの本を書くのは珍しい.

彼女のドラフトのときJasmine Toguchi, Mochi Queen出版社に受け入れられたが、フローレンス美智子は続報を書く予定はなかった。しかし、チャプターブックの世界では、本が単独で存在することはめったにありません。作るMochi Queenシリーズの始まりのように感じるため、フローレンス ミチコの編集者は、後の本で報われるものを追加するように彼女に勧めました。 「彼女は、シリーズ全体で引き継がれる可能性のあるキャラクターについて挿入してもらいました。なぜなら、子供たちは『ああ、このキャラクターはいつもこれをするか、特定の方法で行動する』と読んで認識するのが好きだからです」と彼女は言います。これらの追加の 1 つ (ジャスミンのお気に入りのキャラクターがフラミンゴであるという事実) は、シリーズの 4 冊目の本で中心的な役割を果たしました。フラミンゴキーパー ジャスミン戸口.

知らなかったものに名前があった

5. 子供はインスピレーション (およびフィードバック) の源です。

子供向けの本を書きたい場合は、現実世界の子供たちを知ることが役に立ちます。アリソン・バーンズは高校で教鞭をとり、中学生向けの小説を書くときは生徒たちのことを念頭に置いていた反乱軍の図書館員の財産.この本は、中学校が禁止した本を貸し出すために秘密の図書館を設立する少女を追っています。 Varnes は Trini Radio に次のように語っています。私は彼らにアピールするような主人公を書きたかったのです.何かひどいことをしているわけではありませんが、何かに反抗しているのは、それが正しいことだと感じたからです.」



ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ、孫マデリンルドウィッヒ・ベメルマンスの著者であり、次のような本の著者でもあります。ホワイトハウスのマデリンそしてノー・グッド・ナイン、執筆プロセスの最後に自分の子供に助けを求めると言います。 「子供が『ねえ、これを読んでくれる?』と言ってくれるのは素晴らしいことです。子供たちに常に本を読んで、彼らの意見を聞くことほど価値のあることはありません」

マイリトルポニーは何匹いますか

6. インナーチャイルドと連絡を取り合うことが多い。

児童書の著者の中には、実際の子供たちとのやり取りに加えて、自分の子供時代を振り返り、声を作るときにその視点を念頭に置いている人もいます。 「子供の頃、自分が好きだったものに注意を向ける必要があります」とブラウンは言います。 「私が面白いと思うもの、大人が面白いと思うもの、子供が思わないものがあります。だから、私は自分自身をそのスペースに入れて、そこに接続し続けるようにしています。」非常に幼い子供は通常、無意味な言葉など、明らかに場違いなことを面白いと感じますが、より暗い、またはより微妙な冗談が頭をよぎる場合があります。

フローレンス美智子の場合は、より若いところから書くのが自然です。 「私の内なる年齢は 8 歳から 12 歳の間です。私の最も鮮明な記憶のいくつかは、その年齢のときです」と彼女は言います。 「自然な声が若く歪んでいるように感じます。」

7. 大人も喜ばせたい

絵本の表紙には3歳から8歳と書かれているかもしれませんが、児童書の著者は、通常、文章を声に出して読むのは大人であることを認識しています。 「あなたは 2 人の異なる人のために書いています」とマルシアーノは言います。 「子供は写真を見て、大人はあなたの書いたものを解釈します。」

ブラウン自身、父親として、子供たちに人気があるものは、親が必ずしも容易に受け入れられるとは限らないことを身をもって知っています。彼は、あらゆる年齢の読者を楽しませ続ける興味深い言葉遊びを追加することで、彼らの生活を少し楽にしようとしています。 「お子さんが好きな本があり、声に出して読んでもらいたいと思っているとしたら、文章が下手だと本当に辛いです。それが私が考えている他の観客です。図書館員、保護者、教師 — 彼らにとって価値のあるものはありますか?」

8. 下書きを仕上げるのに数時間かかるかもしれません…

児童書を完成させる正確な時間は、作家とプロジェクトによって異なります。フローレンス美智子は、下書きをする前に 2 年間書き続けていました。Jasmine Toguchi, Mochi Queen彼女は代理店や出版社に送る準備ができていましたが、契約に基づいてフォローアップを書いていたとき、各本の下書きを完了するのに約 2 ~ 3 か月かかりました。

絵本は別の話。マルシアーノによると、「アイデアがあり、何をすればよいかがわかれば、絵本の原稿を数時間で書くことができるので、まるで歌のようです。多くのソングライターが、8 分程度で書いた最高の曲について話しているのを耳にします。だから、絵本を書くことは、おそらく歌詞を書くことと最も似ていると思います。」もちろん、それは作者がただ言葉を書いているだけの場合に限られます。それに加えてイラストを作成すると、作業時間が大幅に増えます。

仕掛けられた隠された寺院の伝説

9. ... しかし、それは簡単なことではありません。

業界外の人々が児童書を書くことについて一般的に考えていることの 1 つは、他の種類の執筆に比べて簡単だということです。しかし、時として、部外者が簡単に割り引くこと、つまり子供が理解できる簡単な散文を書くことは、正しく理解するのが最も難しい部分です。 「非常にシンプルで読みやすいものにするのは難しいことです」とマルシアーノは言います。 「子供の頃は読書が苦手だったので、読みやすい短い文章を書こうとすることはよくわかっています。余計な説明はしません。子どもたちが読みたくなるような作品にしたいと思っています。

単語数を管理下に置くことも困難な場合があります。 「時間が短いため、すべてを行う時間が少なくなります」と Varnes 氏は言います。 「最初から子供たちを捕まえて、小説全体を通して彼らを連れて行かなければなりません。無駄なことは何もないと思います」

10. 彼らはあなたに何かを教えようとしているわけではありません。

きちんとパッケージされたレッスンで終わる児童書は、このジャンルの決まり文句になっています。そして、今日の多くの作家が避けようとしている児童書です。 「孤独やいじめなどについて教えてくれる本を書くのが得意な人もいて、頭をぶつけずにそれを本に埋め込むことができますが、私は自分の本をあからさまに教育的なものにしようとは考えていません」とブラウンと言う。

本が最終的に読者に何かを教えてくれるなら、それは歓迎すべき副産物かもしれませんが、作家の明確な意図ではありません。 「講義を受けるのが好きな人はいないと思います。私は子供の頃、それが好きではなかったことを知っています」とフローレンス美智子は言います. 「私が物語を書くとき、私は教えるためではなく、楽しませるために書きます。もし彼らが素晴らしいことを学べば、それは私の目標ではありません。」

11. 彼らは児童書の愛好家です。

ほとんどの小説家は、自分のジャンルの範囲で広く読んでいると言うでしょう。また、児童書の著者についても同じことが言えます。フローレンス美智子さんは、「これはすべての作家が人に読むように言う典型的なことだと思いますが、子供向けに書きたいと思っていて、読む時間がないと言う人がどれほど多いか驚くでしょう。しかし、本を読まなければ、世の中に何があり、子供たちが何を期待しているのかを知ることはできません。市場を知らなければなりません。」